デザインへのこだわり

デザインへのこだわり

デザインって、とらえ方は人それぞれ。デザイン自体に価値を求めていない人もいれば、そういったモノもあるかもしれません。
そもそもデザインとは?と少々唐突な話から入ってみましょう。デザインとは直訳すると「設計」ですが、日本に限らず広く意匠デザインを指すことの方が多いです。

例えば、このクルマの設計は私がしたんだ。と言って外観のデザインをしたと思う人はまずいないでしょう。恐らくは、エンジンの設計だったり電子制御の回路だったりソフトウェアを思い浮かべるのではないでしょうか?

でも、このクルマのデザインは私がしたんだ。と言えばほとんどの人は外観だと思うでしょう。それほど、直訳ではデザイン=設計ですが、世の中はデザイン≒設計になっているのが正しい理解ですね。

ブログ デザインへのこだわり

さて、デザインを語る前に、デザインに好き嫌いがあるのは当然なので、それは今回は横へ置いておきましょう。

機能美という言葉があるように、操作性や機能を満足させるためにデザインが存在するというのもひとつ。美しさだけを求めるデザインもひとつ。

なのでデザインに正解というのはないと思います。

今回の記事を書くに当たって、レニー・クラヴィッツ氏がデザインしたLEICAのカメラ「LEICA M-P ‘CORRESPONDENT’」を取り上げてみたいと思います。

これはいわゆる、簡単に言えば懐古調(レトロデザイン)にした。とも言えるのですが、そんな一言では終われない代物なのです。
それは細部に渡って使い込んだカメラを再現しているからに他ならないからです。

ブログ デザインへのこだわり

世の中にはチープにレトロを模したモノはたくさん出ていますが、ここまでこだわって作られたものは中々ないでしょう。
写真でも分かるように、カメラ本体の金属塗装がよく使う部分のはがれ方が非常に美しいと思いませんか?
それはよく見える上部だけでなく、下部への再現もしっかりとされています。それはレンズも同様ですね。

ブログ デザインへのこだわり

なんちゃってレトロとは確実に一線を画しますよね。それこそが”こだわり”それが美学ではないでしょうか?
自在に3D CADを操れたら私もデザインしてみたいひとつがカメラですね…

日本でもインダストリアルデザインという言葉が一般化して久しくなりますが、もっとこだわったモノも限定でいいので販売してみるのも面白いかもしれませんよ。もちろん、今までもあったのでしょうが…
美学に基づいたこだわりのデザインというのを日本メーカーの製品で見てみたいですね。

もちろん、どこのメーカーもそのようなことが出来るわけでなくブランドに歴史があるからこそなのでしょうけど…

このカメラは世界で限定125セットの販売です。そりゃ、こんな手の込んだモノ量産なんかできないですよね。

その、レニー・クラヴィッツ氏がデザインした「LEICA M-P ‘CORRESPONDENT’」のセット内容は、ボディが「Leica M-P」、レンズが「Summicron-M 35mm f/2」と「Summilux-M 50 f/1.4」

ブログ デザインへのこだわり

お値段???

はい、$24,500(約270万円)。まー、LEICAにコストを求めてはいけないってことですね。

ブログ デザインへのこだわり

※レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz、1964年5月26日 – )はアメリカ合衆国のシンガーソングライター、ミュージシャン、俳優。
wikipediaより

Share
惹かれるデザインとは

惹かれるデザインとは

唐突ですが、みなさんは何かを選ぶときにデザインも一つのファクターにしてると思いますが、そのデザインのどこに惹かれるのでしょうか?

もちろん、形だけではなく色や模様、質感もあると思います。今回は自分が買おうと考えているデジカメを例にあげて、持ちたいと思うデザインは何なのかを掘り下げてみたいと思います。なので、性能ももちろん購入する際の大きなファクターですが今回は横に置かせてもらいます。

先ずはデジカメの説明からします。大きく分けて、コンデジ(コンパクトデジカメ)、一眼レフ、ミラーレス一眼の3種類になります。

コンデジとは、レンズが交換出来ないタイプ。このモデルはコンデジでも高級な部類に当たります。

一眼レフは、レンズが交換出来てフィルムに当たる映像素子がコンデジよりは大きいのでより精細な写真が撮れます。また、液晶モニタもついていますが一般的にはファインダーを覗いて撮ります。そのファインダーに映るのはレンズからの映像をミラーで反射してプリズムを通して映しています。

ミラーレス一眼は、先の一眼からミラーを省いたレンズ交換可能なものになります。従って一般的にはファインダーを覗いて撮るスタイルではなく液晶を見て撮ります。ただ、ミラーレスでも、電子ビューファインダーを搭載しているモデルもあります。

それぞれに一長一短はあります。

①コンデジは軽量且つサイズも小さく手軽に使える。専用設計のため高倍率なズームレンズを搭載していてもコンパクトさを実現しています。ただ、映像素子も小さい分、画素数は高くても高精細な描写は不得意です。

②一眼は、映像素子を大きなものが載せられるのでかなり高精細な写真が撮れます。その分、大きさもそれなりに大きく質量も大きいです。魅力はレンズを交換でき、これまでの豊富なフィルムカメラのレンズをそのまま使うことが出来ます。ただ、注意がいるのはフルサイズ35mmの映像素子でない、入門機やミドルレンジクラスの一眼はAPS-Cという規格の素子になるため、そのレンズの焦点距離が1.5?1.6倍になることです。望遠側は有利ですが広角側にはかなり不利になります。もちろん、プロ用のハイエンドモデルはフルサイズの映像素子を使っているので、レンズそのままの焦点距離になります。

③ミラーレス一眼はちょうどコンデジと一眼のいいとこ取りをしたという表現が一番いいかもしれません。レンズはもちろん交換できますし、映像素子もAPS-Cやマイクロフォーサーズなどを搭載しているので、コンデジに比べると圧倒的に大きいので高精細な描画ができます。

それでは、デザインについて掘り下げてみたいと思います。自分はカメラを撮る場合ファインダーを覗くことが大前提になります。つまり、ファインダーレスはここでデザインの選択肢から外れてしまいます。では、次にどのようなファクターが自分のカメラ選びに影響を及ぼしているのか?

分かりやすく表現すると、少しレトロな形と操作性になります。もっと具体的に言えばLEICAのようなレンジファインダーモデル。いわゆる上面がフラットな形で裏面左端にファインダーがあるカメラに惹かれます。あれだけコンパクトなにのどこか風格が漂う形、カメラの原点が詰まっている感覚を覚える。

自分の惹かれるデザイン + 性能を満足させ、撮るだけではなく持つ喜びも与えてくれるモデルを探していくと、行き着いたのが高級コンデジのPanasonicのLUMIX LX100やミラーレス一眼のGX7MK2、GX8になった次第です。そりゃ、本物のLEICAモデルが買えるといいのだけれど中々そういうわけにもいかないのが現実。

ただ、付け加えておくと、そのモデルの開発秘話や開発者の思いがにじみ出ているデザインが好きなのだと思う。

そして、プロではないので常に持ち歩きたいと思えるデザインのカメラでないと、次第に撮らなくなってしまうのが人間の性なので。

Share
デジカメ選び

デジカメ選び

メイン機のデジタル一眼はまだ先になりそうなので、とりあえずデジカメが欲しい。ということで、今日はデジカメ選びで悩んでいる苦悩をご紹介したいと思います。

アマチュアカメラマンとして銀塩時代からカメラに触れて来た自負もあり、予算があるとは言え入門機のデジタル一眼を持つ勇気はない。だが、デジカメは必要になって来た。そこで、メイン機は置いといてサブ機となるべく機種を購入しようと考えたわけです。カタログや実機を触りに量販店へも足を運び検討した結果次の4機種に絞ることが出来ました。ただし、大前提はファインダーを覗いて撮るので電子式でもファインダーは必須で選定しています。

SONY RX 100 Ⅲ
¥69,550?
センササイズ:1.0型
画素数:2010万画素
レンズ:10枚9群(ZEISS)
焦点距離:24?70mm
開放F値:F1.8-2.8
シャッタースピード:1/2000秒
連写:10コマ/秒
ISO感度:125?25600
マクロ:5cm
電子ズーム:11倍(光学含め)
ファインダー:電子式144万ドット
動画:フルHD
質量:290g
その他:Wi-Fi
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M3/

 

SONY HX90V
¥47,118?
センササイズ:1/2.3型
画素数:1820万画素
レンズ:11枚10群(ZEISS)
焦点距離:24?720mm
開放F値:F3.5-6.4
シャッタースピード:1/2000秒
連写:10コマ/秒
ISO感度:80?12800
マクロ:5cm
電子ズーム:120倍(光学含め)
ファインダー:電子式63.8万ドット
動画:フルHD
質量:245g
その他:Wi-Fi
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX90V/

 

富士フイルム X30
¥43,000?
センササイズ:2/3型
画素数:1200万画素
レンズ:9枚11群(FUJINON)
焦点距離:28?112mm
開放F値:F2.0-2.8
シャッタースピード:1/4000秒
連写:12コマ/秒
ISO感度:100?12800
マクロ:1cm
電子ズーム:8倍(光学含め)
ファインダー:電子式236万ドット
動画:フルHD
質量:423g
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0903.html

 

Panasonic LX100
¥58,700?
センササイズ:4/3型(フォーサーズ)
画素数:1280万画素
レンズ:11枚8群(LEICA)
焦点距離:24?75mm
開放F値:F1.7-2.8
シャッタースピード:1/16000秒
連写:40コマ/秒(メカは11コマ/秒)
ISO感度:100?25600
マクロ:3cm
電子ズーム:4倍(光学含め)
ファインダー:276万ドット
動画:4K フルHD
質量:393g
その他:Wi-Fi
http://panasonic.jp/dc/compact/lx100/

ちなみにセンササイズの比較表を

まー、ただSONY RX 100 Ⅲ は若干予算オーバーだし、HX90Vはなんちゃってだしな…

FUJIFILMはレトロチックで好きなんだけど廃盤機種だし…
やはり大穴のLUMIXかな…
形は一番好きかなLEICAっぽいし(笑)でも、レンズはほんとにLEICAだしな。センササイズはデジタル一眼にも採用されていてこの中では一番大きいしな…

ってか、このLEICAのD-LUXと同じやもんな。LEICAになるだけで3倍の価格とは恐るべしブランディングだな。

唯一の欠点は内蔵フラッシュがないこと。でも、おそらくほとんど使わない、必要があれば外付けフラッシュがあるし。

というわけでほぼ近いうちに決めて買おう!

Share